口頭発表一覧

都産技研ロゴ:都産技研の職員による発表

環境・エネルギー

6月8日

環境・エネルギー① 2階 研修室243
11:00~11:15絆創膏サイズのフレキシブル電流センサ(国研)産業技術総合研究所山下崇博
11:15~11:30印刷技術で製造可能なフレキシブルシート状熱電変換素子(国研)産業技術総合研究所末森浩司
11:30~11:45固体高分子形燃料電池の膜電極作製と評価(地独)神奈川県立産業技術総合研究所国松昌幸
環境・エネルギー② 2階 研修室241
13:15~13:30亜鉛めっき排水中のアンモニア成分の除去方法の検討森久保 諭
13:30~13:45黒雲母を利用した成分徐放-局所沈殿による六価クロム排水処理法の開発杉森博和
13:45~14:00天然物を利用した金属イオン捕集法の検討木下健司
環境・エネルギー③ 2階 研修室243
13:15~13:30安価な手法で創れるナノ構造体を利用した太陽電池創製技術東京電機大学佐藤慶介
13:30~13:45マグネシウム蓄電池の開発について埼玉県産業技術総合センター栗原英紀
13:45~14:00金属空気電池および燃料電池のための窒素ドープ多孔性カーボンナノ粒子触媒を用いた高出力酸素電極立花直樹
環境・エネルギー④ 2階 研修室241
14:45~15:00拡散係数計測型光イオン化検出器の安定化平野康之
15:00~15:15GD-MS分析を用いたレアメタル金属中の微量成分の定量山田健太郎
15:15~15:30RoHS指令に対応した樹脂に含有する六価クロム分析方法の改良中澤亮二
15:30~15:45レーザーアブレーションによって生じる試料エアロゾルのサイズ分布と元素構成の解明林 英男
環境・エネルギー⑤ 2階 研修室243
14:45~15:00アルミナ単体で構成される、金属光沢・低熱伝導性メソポーラス膜(国研)産業技術総合研究所小平哲也
15:00~15:15産業用繊維資材の汚染ガスと光による複合試験岡田明子
15:15~15:30塗料スラッジのエネルギーリサイクルに関する検討田熊保彦
環境・エネルギー⑥ 2階 研修室244
14:45~15:00熱電対校正の高温度域への拡大沼尻治彦
15:00~15:15多点式温度センサの開発沼尻治彦
15:15~15:30放熱シートにおける熱伝導率と実際の放熱効果(公財)鉄道総合技術研究所上條弘貴
15:30~15:45コードレス炉内温度測定方法の開発(地独)神奈川県立産業技術総合研究所藤井 寿

6月9日

環境・エネルギー 2階 研修室244
14:45~15:00知財から見たエネルギー技術の動向と今後のビジネス明星大学 石田隆張
15:00~15:15宇宙用プラズマ推進機の研究開発首都大学東京渡邊裕樹
15:15~15:30イオン伝導性ナノファイバーの燃料電池、二次電池応用首都大学東京田中 学

生活技術・ヘルスケア

6月8日

生活技術・ヘルスケア 5階 会議室531
13:45~14:00視線による遠隔位置制御手法の開発とそのシステム化大島浩幸
14:00~14:15導電性テキスタイルを活用した生体情報モニタリングウェアの開発添田 心
14:15~14:30パーソナルトレーナースーツ ~着用により上半身の筋力トレーニングを計測~後濱龍太
14:30~14:45装着のしやすい下肢動作支援ロボットの開発加藤貴司

6月9日

生活技術・ヘルスケア 5階 会議室531
13:45~14:00においの可視化技術による評価方法佐々木直里
14:00~14:15生体活性ナノ材料の迅速形成技術(国研)産業技術総合研究所大矢根綾子
14:15~14:30高ゲル化温度ゼラチンの再生医療における細胞輸送への応用大藪淑美
14:30~14:45吸水後に膨潤および硬化するゼラチンスポンジの開発成田武文
14:45~15:00汎用インフルエンザ検査チップの開発紋川 亮
15:00~15:15タンパク質凝集ならびに関連疾患解析・診断への画期的新手法の開発八谷如美

機能性材料

6月9日

機能性材料① 2階 研修室243
11:00~11:15連続炭素繊維強化ポリアミド6のオゾン酸化処理による強度向上埼玉県産業技術総合センター小熊広之
11:15~11:30ポリビニルアルコール材料表面を簡便に機能化できる化学修飾剤の開発首都大学東京西藪隆平
11:30~11:45新規バイオポリエステルの合成系構築の検討渡辺世利子
機能性材料② 2階 会議室233
13:00~13:15純チタンの成形限界測定およびデータベース構築奥出裕亮
13:15~13:30アークアシストグロー放電による鉄鋼の表面窒化中村 勲
13:30~13:45多孔質シリカ内の酸化チタン系光触媒活性の向上染川正一
13:45~14:00ナノポーラスシリカを用いたナノグラフェンの蛍光増強効果藤巻康人
機能性材料③ 2階 会議室233
14:45~15:00金属ナノ構造配列の形成とプラズモン応用首都大学東京近藤敏彰
15:00~15:15共役系高分子の合成およびケミカルセンサへの応用東京電機大学足立直也
15:15~15:30光機能性シリカ系材料首都大学東京梶原浩一
15:30~15:45環境調和型分子変換を可能にする担持合金ナノ粒子触媒の開発首都大学東京三浦大樹

安全・安心

6月8日

安全・安心 2階 研修室241
11:00~11:15高解像度画像からのクラック自動抽出(株)アルファ・プロダクト原 徹
11:15~11:30ドラム缶内面腐食の外側からの探索(株)アルファ・プロダクト原 徹
11:30~11:453次元画像からの空隙率測定方法の開発大平倫宏

6月9日

安全・安心① 2階 研修室241
11:00~11:15放射線誘起化学反応の応用-OHラジカル消去能評価システムの開発-中川清子
11:15~11:30放射線遮へい材の遮へい能解析に基づいた複合遮へいシートの開発河原大吾
11:30~11:45高電圧試験時における離隔距離に関する一考察黒澤大樹
安全・安心② 2階 研修室241
13:00~13:15EFT/Bの波形観測と耐性向上の検討佐々木秀勝
13:15~13:30時間-周波数解析を用いた放射ノイズ源推定方法の検討佐野宏靖
13:30~13:45プラズモン共鳴デバイスの開発永田晃基
13:45~14:00廉価な60 GHz IEEE802.11ad用測定ソリューションの共同開発藤原康平

IoT

6月8日

IoT① 2階 研修室244
13:00~13:15 IoTテストベッドの概要およびOPC UAとクラウドを利用した制御実験 (地独)神奈川県立産業技術総合研究所 奥田 誠
13:15~13:30 AIITPBL「ウェブ上のデータを活用した混雑分析及び予測システムの開発」 産業技術大学院大学 中野美由紀
13:30~13:45 IoT環境とヒトのインタラクションを媒介し情報伝達を効率化する認知支援技術 (国研)産業技術総合研究所 大山潤爾
13:45~14:00 IoR (Internet of Robots) :ICTの利活用による、ロボットの新しい可能性 芝浦工業大学 菅谷みどり
IoT② 2階 会議室233
13:00~13:15 ぼけ・地色・裏写りに対応した劣化画像から鮮明な画像への復元技術 東京理科大学 田邉 造
13:15~13:30 著作権管理可能なP2P配信技術 東京電機大学 小川猛志
13:30~13:45 興味関心推定に向けたiBeconとスマートフォンセンサによる人の行動認識に関する研究 首都大学東京 下川原英理
13:45~14:00 広角監視カメラ映像からの人物動作認識手法の開発 三木大輔
IoT③ 2階 会議室233
14:45~15:00 FPGAの内部リソースを使った高性能A/D変換器の開発 岡部 忠
15:00~15:15 レーザ光を用いた水中測距技術への取り組み (株)トリマティス 野田健太
15:15~15:30 東京型統合環境制御生産システムの開発 東京都農林総合研究センター 中村圭亨
15:30~15:45 施設園芸向け無線統合環境制御システムの開発 仲村将司
15:45~16:00 データベースの秘匿検索技術 (国研)産業技術総合研究所 縫田光司

ロボット

6月9日

ロボット 中2階 東京イノベーションハブ
11:00~11:15 屋外用T型ロボットベース「Taurus」の研究開発 益田俊樹
11:15~11:30 安全性を考慮したT型ロボットベース制御基板の開発 吉村僚太
11:30~11:45 通訳ロボット実現のための音声処理の開発 鈴木 薫
11:45~12:00 移動作業型ロボットの安定性に関する設計と評価 森田裕介

ものづくり要素技術

6月9日

ものづくり要素技術① 2階 研修室243
13:15~13:30新型リフレクトメータの開発酒井日出子
13:30~13:45伸び計測器の違いが金属材料0.2%耐力測定に及ぼす影響新垣翔
13:45~14:00多孔質円盤を用いた流体機械装置への応用事例小西毅
ものづくり要素技術② 2階 研修室244
13:00~13:153次元デジタイズ計測による円形ダイス鋼材の焼入れ前後の変形性状木暮尊志
13:15~13:3017-4PH粉末積層造形材の機械的性質に及ぼす熱処理の影響大久保智
13:30~13:45金属積層造形における内部欠陥および機械的性質に及ぼす造形入熱条件の影響千葉浩行
ものづくり要素技術③ 研修室243
14:45~15:00船舶用扉のルーバーによる遮音性能低下の改善渡辺茂幸
15:00~15:15紙のばねによる輸送振動の低減岩田雄介
15:15~15:30CFRP製振動試験用加振治具の開発(中間報告)千葉県産業支援技術研究所新保栄一
15:30~15:45複数の加振器を用いた高周波振動試験手法の検討福田良司
ページの先頭へ